試験点灯で、さまざまな色の光で照らされた旧竹林院 の庭園(5日、大津市坂本5丁目)                    

試験点灯で、さまざまな色の光で照らされた旧竹林院 の庭園(5日、大津市坂本5丁目)                    

 大津市坂本地区で恒例の「比叡山坂本秋のライトアップ」が7日夕から始まった。旧竹林院(坂本5丁目)など計4社寺を幻想的に照らし出す。12月6日まで。

 びわ湖大津観光協会の主催。今回から本格参加する旧竹林院では、庭園に設置した約60基のLED照明が四季を表現した音楽に合わせて青や赤、紫色などに変化する演出を取り入れた。

 同院のライトアップは金土日曜と祝日のみで、新型コロナウイルス対策として4回(午後5時半、6時10分、6時50分、7時半)に入場者を分ける。各回25人、要予約。500円。同協会は「少人数でゆっくりと秋の風情を感じてもらえたら」としている。

 今年は戦国武将明智光秀を主人公とするNHK大河ドラマの放映にちなみ、明智一族の墓がある西教寺を先行ライトアップ中。7日からは日吉大社と滋賀院門跡も加わる。いずれも無料。問い合わせは同協会077(528)2772。