新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は6日、新たに小学生から70代の男女計24人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。いずれも軽症か無症状で、うち12人が感染経路不明。府内の感染者は2125人になった。

 京都市分は市内在住の16人で、西野小(山科区)の男児と、先月30日まで同小で教育実習をしていた20代の男子大学生は兄弟。市教育委員会は6日、校内を消毒した。9日以降の授業は今後、判断する。2人の同居家族で、市内の保育園で働く20代保育士女性も感染し、園は16日まで休園する。新幹線京都駅改札内の土産物店で働く、京つけもの西利(下京区)の50代パート女性の感染も分かった。

 府発表分の8人は京都市、京田辺市、南丹市の各2人と、宇治市と木津川市の各1人。京田辺市の60代女性は府内の病院職員。京都市の40代女性と、南丹市の60代女性、70代男性の3人は家族だった。