京都府京丹後市久美浜沖で漂流しているのが発見された木造船(舞鶴海上保安部提供)

京都府京丹後市久美浜沖で漂流しているのが発見された木造船(舞鶴海上保安部提供)

 16日午後2時55分ごろ、京都府京丹後市久美浜町の沖合約50キロの日本海で、木造船が漂流しているのを操業中の漁船が発見したと、兵庫県香美町の香住漁業無線局が香住海上保安署に通報した。
 舞鶴海上保安部が巡視艇を派遣して調べたところ、船は全長約10メートル、幅約3メートルで船内には水が入っており、人はいなかった。船首部分にハングルのような文字などが赤色で記されており、北朝鮮から漂流した漁船とみられるという。
 同保安部は、船をえい航せずに照明付きのブイを設置。第8管区海上保安本部が地域航行警報を出すなどして他の船舶に注意を促している。