滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は9日、10~30代の計19人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。うち16人は龍谷大の硬式野球部員で、県はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

 滋賀県によると、今月1日に20代男性部員1人が発熱し、7日に感染が判明。大津市内にある部の寮で生活している部員70人を検査したところ、16人と県外に帰省中の1人が9日までに陽性と判定された。いずれも軽症か無症状。大津市保健所が寮生活をしていない部員やコーチなど計60人の検査を進めている。

 龍谷大は10日から15日まで、野球部の練習拠点がある瀬田キャンパス(大津市)のほか、深草(京都市伏見区)、大宮(下京区)を含む全キャンパスで学生の構内立ち入りを原則禁止する。

 その他の県内新規感染者3人の内訳は、大津市の10代女性、愛荘町の20代女性、近江八幡市の30代女性。県内での感染確認は累計620人となった。