京都府警本部

京都府警本部

 京都府警生活保安課と綾部署は10日、新型コロナウイルスに効果があると説明して粉ミルクを販売したとして、会社役員の女(75)=大阪府藤井寺市=とアルバイトの女(63)=大阪府松原市=の両容疑者を医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の販売禁止)の疑いで逮捕した。2人は効能をうたったことは否認しているという。

 逮捕容疑は共謀して昨年5月29日から今年4月2日の間、舞鶴市や綾部市の60代~90代の女性4人に対して、特定の病気に効果があると説明し、粉ミルクを販売した疑い。冊子とともに「これ飲んだらコロナにかからへん」などとかたり、9箱計29万1600円で販売したという。