LINEで寄せられた写真。確かにUFOのようにも見える(坂元さん提供)

LINEで寄せられた写真。確かにUFOのようにも見える(坂元さん提供)

夜空に現れた白い光。写真下部に光源があるように見えるが、高層のホテルでよく見えない(6日午後9時1分、京都市中京区・京都新聞社屋上から)

夜空に現れた白い光。写真下部に光源があるように見えるが、高層のホテルでよく見えない(6日午後9時1分、京都市中京区・京都新聞社屋上から)

 「11月6日午後9時ごろの空ですが、この六つの光はなんでしょうか」。京都新聞社の双方向型報道「読者に応える」のLINE(ライン)に、京都市山科区の女性から写真とともに情報が寄せられた。確かに、京都市街を覆う夜空に謎の光点が浮かんでいる。光の正体は何なのか? UFOか、はたまた何かの天文現象か。写真を手掛かりに調査した。

  投稿した学校支援員坂元美奈さん(48)は「変な光が見えると友人が知らせてくれたので、外に出て写真を撮った。当初は月かなと思った。しかし雲は動くのに、光は動かないし、点滅もしない。不思議だと思った」と振り返る。


 京都地方気象台は把握しているのだろうか。尋ねてみたが、「11月6日の夜、空に点のような光ですか…。市民からの問い合わせもありませんでした」と素っ気ない反応が返ってきた。


 実は同じ夜、京都市中京区の京都新聞社でも、ベテラン写真記者が謎の光を目撃していた。奥村清人カメラマンは「知り合いから連絡を受けて、屋上に出ると光が点々と浮かんでいた。ひょっとしてUFOかもしれないと思いシャッターを切った」と振り返る。


 奥村カメラマンが撮影した写真を見ると、南東方向の地上から光の筋が伸び、雲にあたっているのが分かった。しかし、手前にある地上17階建てのホテルの陰になり、光源がどこかまでは特定できない。地図でその付近を調べると、東山区の青蓮院や知恩院、円山公園がある辺りだった。


 ふと思い当たったのが、知恩院で行われているライトアップだった。手元のスマホで開催期間を調べると、11月7日初日で、撮影された日に近い。どうも関連がありそうだ。


 知恩院に奥村カメラマンの写真を持って行き、ライトアップを担当する僧侶に見せた。すると、「この光はうちですね」。僧侶によると、知恩院は毎晩、投光器6基を使って夜空を照らし出しているという。投光器は7日から29日まで行っている「知恩院 秋のライトアップ」に合わせ、業者に依頼して設置したのだそうだ。