色づき始めた金剛院のモミジやイチョウ(舞鶴市鹿原)

色づき始めた金剛院のモミジやイチョウ(舞鶴市鹿原)

 紅葉の名所として知られる京都府舞鶴市鹿原の金剛院で、モミジが見頃を迎えた。赤やオレンジ、黄色に色づいた木々が三重塔(重要文化財)を彩り、拝観者が写真に収めたり、付近を散策したりして深まる秋を感じている。

 隣接する鹿原公園からは、3千本以上植わるモミジやイチョウが三重塔を囲む光景を楽しめる。松尾義空住職(55)によると、今年は例年より色づきが良く、今月いっぱいは楽しめそうという。

 今年は新型コロナの影響で、ライトアップや抹茶の接待は中止した。