京都府庁

京都府庁

 近隣の大阪府や兵庫県で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、京都府の西脇隆俊知事は12日、府内でも過去の流行期に近づきつつあるとし、「オールジャパンで見れば明らかに感染の拡大期に入っている」との認識を示した。秋の観光シーズンを迎えている中、観光客や事業者には感染予防策の徹底を改めて求めた。

 西脇知事は同日夕、報道陣の取材に応じ、観光客に向けて「体調が悪ければ勇気を持って観光を止めることをお願いしたい。基本的な感染予防策を徹底してほしい」と強調。その上で「旅行者も地元側も、安全安心にやることが結局は観光を持続可能にするということなので、そこをぜひ守ってほしい」と訴えた。

 京都府では11日までの1週間で1日当たりの新規感染者数は平均16・43人で、2週間前の10月28日時点の同8・29人と比べてほぼ倍増している。