京都府警西京署

京都府警西京署

  14日午後7時20分ごろ、京都市西京区川島松ノ木本町で、京都府警西京署のパトカーに追跡された2人乗りのバイクが対向車線を走ってきたバイクと衝突した。同署によると、対向車線のバイクの会社員男性(34)が左手指の骨を折り、2人乗りのバイクの後ろに乗っていた自称同区の女子高校生(16)が軽傷を負った。2人乗りのバイクの運転手は逃走したが、約40分後に運転手を名乗る女性が現場にやって来たため、同署が捜査している。

 西京署によると、パトカーは現場から西約1・3キロの同区樫原中垣外で、ヘルメットをせず2人乗りしていたバイクを発見。一度見失ったが再び見つけ、サイレンを鳴らしながら約900メートル追跡した。2人乗りのバイクは対向車線に侵入して事故を起こしたという。

 同署の普光江邦副署長は「関係者がけがをしたことは残念だ。追跡は現時点で適正だったと考えている」とコメントしている。