京都橘-東山 前半、先制点を奪い喜ぶ橘の木原(中央)=サンガスタジアム京セラ

京都橘-東山 前半、先制点を奪い喜ぶ橘の木原(中央)=サンガスタジアム京セラ

 サッカーの全国高校選手権京都大会決勝が15日、サンガスタジアム京セラ(府立京都スタジアム)で行われ、京都橘が2―1で東山に競り勝ち、2年連続9度目の優勝を果たした。12月31日に開幕する全国選手権に出場する。

 京都橘は前半30分すぎ、左サイドからのロングスローをFW木原が頭で合わせて先制。後半立ち上がりには、右サイドのロングスローをMF宮嶋が押し込み追加点を奪った。東山は後半31分にCKからMF藤枝のヘディングシュートで1点を返した。