新型コロナウイルス(国立感染症研究所HPより)

新型コロナウイルス(国立感染症研究所HPより)

 京都府と京都市は15日、新型コロナウイルスに感染していた1人が死亡し、小学生~90代の男女22人の感染を新たに確認したと発表した。新規感染者のうち、重症の京都市の30代男性以外は軽症か無症状で、7人は感染経路不明。府内の死者は34人、感染者は2296人となった。

 府によると、亡くなったのは府内在住者で、遺族の意向で年齢や性別は公表しなかった。新規感染者は男女3人で宇治市、精華町に住む10~90代。

 京都市発表分は市内在住の19人で、うち70~90代の男女5人が、職員2人の感染者が出ていた「京都老人ホーム」(伏見区)の入居者。市はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。岩倉南小(左京区)の女子児童の感染も判明し、家族からの感染とみられる。16日、児童が在籍する学年を閉鎖とする。