北署

北署

 「呪」と書かれた紙を面識のない女性宅に投げ入れたとして、京都府警北署は16日、脅迫の疑いで、京都市左京区の無職の男(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は10月29日午前7時ごろ、北区の女性(62)宅に「呪」の字を九つ印字したハガキ大の紙1枚を投げ入れ、女性を脅した疑い。

 北署によると、女性宅では昨年9月から、「呪」と書かれた紙が計12回、庭などで見つかっている。男は「近くを通ると女性の飼い犬にいつもほえられ、腹が立った」と容疑を認めているという。他にも北区や左京区の住宅で同様の被害が数件あり、同署が関連を調べている。