新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は16日、新たに20~80代の男女計9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状。県内での感染確認は計672人になった。

 9人のうち4人はクラスター(感染者集団)が発生した草津市の近江草津徳洲会病院の関係者で、内訳は80代入院患者1人、医師1人、看護師2人。同病院は当面、新規入院を一部制限する。同病院関連の感染者は計10人になった。

 残る5人の内訳は、彦根市2人、大津市、長浜市、竜王町各1人。

 また、西日本高速道路は同日、県が15日に発表した感染者のうち1人について、名神高速道路下り線大津サービスエリア内のマクドナルドの従業員と発表した。客との濃厚接触はなかったという。