「無限列車」と似ているとファンに評判の大正時代製のSL「ハチロク」(京都市下京区・京都鉄道博物館)

「無限列車」と似ているとファンに評判の大正時代製のSL「ハチロク」(京都市下京区・京都鉄道博物館)

ファンの間で口コミが広がり、休日には写真撮影に訪れる人もいるという

ファンの間で口コミが広がり、休日には写真撮影に訪れる人もいるという

 大ヒット中のアニメ映画「劇場版『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』無限列車編」に登場する「無限列車」とそっくりな蒸気機関車(SL)が、京都市下京区の京都鉄道博物館にある、とファンの間で話題になっている。原作や映画の舞台となった大正時代に製造された車両で、同博物館は「ファンの方が自ら広めてくださっているよう」と話している。

 博物館によると、1914(大正3)年に製造が始まった旅客用蒸気機関車8620形8630号機で、「ハチロク」の愛称で親しまれている。同形のSLで動く状態で保存されているのは、JR九州が所有している車両と2両しかないという。


 JR九州の車両は、現在、映画とのコラボ列車として、熊本―博多間を期間限定で走っており、ファンに大人気だ。SNS(会員制交流サイト)などを通じて「無限列車のモデル」などと、情報がじわりと広まっている。「京都と九州、どちらも遠いけどすごく行きたい」などの投稿も。休日にはファンが写真撮影を行う姿が見られるという。


 同館では、8620形など動態保存している8両のうち4両を「SLスチーム号」として走らせており、「運がよければ走る姿も見てもらえる」(広報担当)とする。当日、運行される車両は、前日午後6時に同館のホームページで公表される。