新型コロナウイルス感染症の治療薬開発について説明する星野助教(左)ら=京都市上京区・京都府立医科大

新型コロナウイルス感染症の治療薬開発について説明する星野助教(左)ら=京都市上京区・京都府立医科大

新型コロナウイルス感染症の治療薬開発について説明する星野助教(左)ら=京都市上京区・京都府立医科大

新型コロナウイルス感染症の治療薬開発について説明する星野助教(左)ら=京都市上京区・京都府立医科大

 京都府立医科大は18日、新型コロナウイルス感染症の治療薬開発を、ヘルスケア関連ベンチャーの生命科学インスティテュート(東京)と共同で始めると発表した。ウイルスの感染プロセスの一部を阻害する仕組みで臨床試験の実施を目指す。

 同ウイルスは表面にある「スパイク」と呼ばれる突起状のタンパク質をヒトの細胞表面のACE2タンパク質に結合させることで感染、増殖する。

 府立医大医学研究科の星野温助教らは、遺伝子を変異させてスパイクとの結合力を高めたACE2タンパク質の作成に取り組んでいる。改変したACE2を体内に投与してスパイクと結合させ、細胞のACE2とは結び付かせないようにすることで感染力の抑制を期待できるという。

 星野助教は「副作用やウイルスの遺伝子変異による薬剤耐性のリスクは現段階で少ないと考えるが、しっかり検証していきたい」と話した。