季節外れの暑さとなり、上着を手にして紅葉が色づいたインクラインを歩く人たち(2020年11月19日午前11時30分、京都市左京区)

季節外れの暑さとなり、上着を手にして紅葉が色づいたインクラインを歩く人たち(2020年11月19日午前11時30分、京都市左京区)

 朝から良く晴れた19日、京都府と滋賀県は季節外れの「暑さ」となった。京都市の最高気温は11月の史上1位タイとなる26・9度まで上昇し、111年ぶりに観測史上最も遅い夏日の記録を更新した。

 気象庁によると、各地の最高気温は京都市中京区26・9度、大津市26・6度、京都府京田辺市26・5度、滋賀県彦根市26・1度、京都府宮津市26度で、いずれも11月の史上1位もしくは1位タイの高温となった。京都府舞鶴市と福知山市、南丹市園部町も、史上最も遅い夏日となった。

 京都市左京区の蹴上付近では、紅葉した木々の下、上着を脱いで手に持って歩く観光客の姿が見られた。

 京都地方気象台によると、午前中は移動性高気圧に覆われて良く晴れたことに加え、朝鮮半島北部を東進する低気圧に向かって南から暖気が流入。日本海側ではフェーン現象も発生し、記録的に気温が上昇したという。

 最高気温25度以上の夏日の最も遅い記録は、これまで京都市で1909年11月9日だった。京都市は11月中旬では史上初の夏日となった。