大津地裁

大津地裁

 福井県の東尋坊で昨年10月、滋賀県東近江市の嶋田友輝さん=当時(20)=の遺体が発見された事件で、殺人や監禁などの罪に問われた大津市の少年(18)の裁判員裁判の判決が20日、大津地裁であり、大西直樹裁判長)は懲役5年以上9年6月以下(求刑懲役6年以上11年以下)の不定期刑を言い渡した。事件で起訴された7人のうち、判決を受けたのは3人目。

 大西裁判長は判決理由で、少年は大きな理由もないまま暴行に加わり、東尋坊では共犯者と嶋田さんを追い詰めたとし、「動機や経緯に酌量の余地はない」と指摘。一方、一部の傷害はほう助犯にとどまる上、暴行の回数や悪質性はほかの共犯者よりも比較的低いとし、「従属的な立場だった」とした。

 判決では、少年はとび職元少年(20)ら6人と共謀。昨年10月17~18日、滋賀県長浜市で嶋田さんを殴打するなどして車のトランクに閉じ込め、東尋坊に向かい、同18日夜、崖から飛び降りさせて死亡させた。

 この事件で、大津地裁は6月、殺人罪などに問われた滋賀県彦根市の元少年(20)に懲役10年以上15年以下、別の元少年(20)に懲役5年以上10年以下の不定期刑(ともに確定)を言い渡している。