新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は20日、新たに10歳未満から80代の男女計12人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全員が軽症か無症状。県内での感染確認は計720人となった。

 12人の内訳は大津2人、草津1人、栗東1人、野洲1人、東近江1人、近江八幡1人、多賀1人、長浜4人の各市町。県内の保育関連施設と医療機関の2カ所でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。長浜市2人と東近江市1人は保育関連施設の職員。多賀町の80代女性は医療機関の入院患者。