京都市は21日、伏見区役所の職員1人が新型コロナに感染したと発表した。

 京都市によると、感染したのは20代女性職員で、11月18日に悪寒や発熱があり職場を早退。19日から休み、21日に陽性と判明した。窓口業務に従事しておらず、11月24日以降も区役所は通常どおり業務を行う。