国立環境研究所琵琶湖分室(大津市)が、湖沼の底にある泥の酸素消費量(SOD)を測定する新しい手法を開発した。既存の手法で用いる容器を約10…