全国知事会が開いた新型コロナウイルス対策本部のオンライン会合。画面左上は本部長代行の平井鳥取県知事、同右上は会長の飯泉徳島県知事=23日午前、東京都千代田区

 全国知事会が開いた新型コロナウイルス対策本部のオンライン会合。画面左上は本部長代行の平井鳥取県知事、同右上は会長の飯泉徳島県知事=23日午前、東京都千代田区

 全国知事会は23日、新型コロナウイルス対策本部の会合をオンラインで開き、国への緊急提言の素案を示した。菅義偉首相が運用見直しを表明した観光支援事業「Go To トラベル」に関し、各都道府県が地域の感染状況を「ステージ3(感染急増)」と判断した場合、事業の対象から除外するなどの機動的対応を要請。キャンセル料への財政支援も求めた。

 ただ素案は、具体的な対象地域には言及していない。

 各知事からは国への注文が相次いだ。福田富一栃木県知事は「(地方に)丸投げということがないように国がリーダーシップを発揮し対象地域や開始時期などの方針を明確に示すべきだ」と指摘した。