松沢・京都大特別教授

松沢・京都大特別教授

 チンパンジー研究の世界的権威で文化功労者である京都大の松沢哲郎特別教授(70)らが京大霊長類研究所(愛知県犬山市)などに関わる研究資金約5億円を不正支出していた問題で、京大は24日、松沢氏と同研究所の友永雅己教授(56)を懲戒解雇するなど、研究者と事務職員の計6人に懲戒処分を行った。京大は「誠に遺憾であり、国民のみなさまに深くおわびする」とコメントした。

 2人のほかは野生動物研究センターの平田聡教授(47)を停職1カ月、森村成樹准教授(50)を同2カ月。当時同研究所の事務方トップだった60代男性事務職員、契約担当の掛長だった50代男性事務職員を戒告とした。

 京大は6月、不正額が約5億669万円に上るとする調査結果を公表。2011~14年度の霊長類研究所と野生動物研究センター熊本サンクチュアリ(熊本県)にそれぞれあるケージ整備の契約約30件で、ずさんな仕様書による過大支出や発注済みなのに再度発注して二重に代金が支払われる架空取引などが行われたとしていた。

 京大は懲戒処分を受けた教職員について「内容を認めていない者もいたが、個別の説明は差し控える」とした。

 この問題を巡っては会計検査院が今月、不適正経理の合計が11億2823万円とする結果を公表した。京大は「会計検査院の指摘事項は把握している。いずれの事実も把握した上で今回の懲戒処分を行った」と説明。研究資金の不正支出分については既に返還の手続きを進めているが「具体的な金額などについては回答は差し控える」とした。

 懲戒解雇を受けて松沢氏は個人のホームページにコメントを掲載。「不正の判定の基礎となる大学の調査そのものが事実を誤認しており、このため誤った事実認定に基づく不正の認定になっている」「私的流用はありません」などとした上で、今後について弁護士と相談するとした。