フジバカマに誘われ、今年も飛来したアサギマダラ(京都府南山城村北大河原前畑)

フジバカマに誘われ、今年も飛来したアサギマダラ(京都府南山城村北大河原前畑)

 「海を渡るチョウ」と呼ばれるアサギマダラが、満開のフジバカマが彩る京都府南山城村北大河原前畑の畑に今年も飛来した。淡い紫色の花々の上を、優雅に舞っている。
 アサギマダラは季節に合わせて日本列島を縦断し、2千キロ以上移動する個体もいる。5、6年前からアサギマダラが好むフジバカマを育てている男性(81)の畑には、例年同様、今月に入ってアサギマダラがやって来た。今年は花を増やしたため、飛来する数も増えたという。
 花の周りをひらひら舞う姿に、「年に1度の楽しみ」とほほ笑む男性。間もなく南へ旅立っていくアサギマダラを、「また来年も来てほしい」といとおしそうに見つめていた。