各社の無人搬送車や自動搬送ロボット

各社の無人搬送車や自動搬送ロボット

 工場や倉庫でモノを運ぶ無人搬送車(AGV)や搬送ロボットの開発競争が激化している。京都でも大手メーカー各社が参入し、個性ある製品を続々と投入。生産や物流の自動化の広がりで市場は拡大を続け、各社は積極的な協業を進めて性能向上を図っている。

 巨大ジャングルジムのようなラック(棚)を数十台のロボット台車が縦横無尽に進み、商品を取り出して作業員に届ける。1台ずつ独立して動き、決してぶつからない。産業機械大手の村田機械(京都市伏見区)が新たに手掛ける「3Dロボット倉庫システム」だ。

 「BOT(ボット)」と呼ぶ台車は、平面を走る以外にラックを水平、垂直の両方向に移動できるのが特徴。商品の取り出し、保管、搬送を1台で担う。2019年に戦略的パートナーシップ契約を結んだ米ロボットメーカーの技術を導入した。

 スポーツ・アウトドア用品販売大手アルペン(名古屋市)が愛知県内で操業する主力の物流拠点で21年夏に稼働させる。村田機械は「自動倉庫と違ってボットだけが動くので、故障時も代わりのボットを投入してすぐに復旧できる」(L&A事業部)という。

 日本電産子会社で変速機や減速機を製造する日本電産シンポ(長岡京市)は、キヤノンの映像解析システムを搭載した新型AGVを開発した。カメラの撮影データから周囲の環境情報と台車の位置を同時に推定し、従来は難しかった人混みの中でも高い精度で自律走行できるという。

 日本電産は、生産現場や物流拠点のほかに商業施設や宿泊、飲食などサービス業でもAGV導入が広がるとみて、精度向上を急ぐ。AGVと関連の駆動部品を含め、2030年度に1千億円の売り上げを目指す。