滋賀県警東近江署

滋賀県警東近江署

小林容疑者らが同居していたアパート(滋賀県愛荘町東出)※画像の一部を加工しています

小林容疑者らが同居していたアパート(滋賀県愛荘町東出)※画像の一部を加工しています

 同居人の男性に食事を与えず、暴行を繰り返し殺害したとして、滋賀県警捜査1課と東近江署は25日、殺人の疑いで、滋賀県愛荘町、無職小林久美子容疑者(55)と、同町のアルバイト作業員の少年(19)を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は、共謀し、昨年5月下旬から同10月25日まで、小林容疑者と同居していた無職岡田達也さん=当時(25)=に、十分な食事を与えず免疫力を著しく低下させ、多数回暴行を加えて頭部などにけがを負わせ、腹膜炎などによる敗血症性ショックで殺害した疑い。

 捜査1課によると、岡田さんは2018年10月ごろから小林容疑者宅で生活を開始。両容疑者は生活費を払わないなどとして暴行を始め、食事も制限し、身長174センチだった岡田さんの死亡時の体重は30キロ台だったという。