京の顔見世と、大阪の初芝居―。今月亡くなった上方歌舞伎の象徴・坂田藤十郎さんも大切にした風物詩だった。来年の大阪松竹座の初春は、女形最高峰の坂東玉三郎(70)=人間国宝=が舞踊公演として開く。玉三郎は「コロナ禍でも来てくださるお客さまの情熱に応えていかなきゃと切実に考えます。せめて舞台では現実を忘れ、華やかなものを」と誓う。