京都府警北署

京都府警北署

 京都府警北署の20代男性巡査が9月、酒に酔って路上で女性を殴った疑いがあることが25日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警は26日にも暴行容疑で巡査を書類送検する方針で、処分を検討している。事件当時、府警は巡査を現行犯逮捕したが数時間後に釈放し、発表していなかった。

 捜査関係者によると、巡査は9月20日午後11時半ごろ、京都市中京区の木屋町地域を歩いていた際、通行人の30代女性と肩が触れてトラブルになり、女性の顔を殴った疑いが持たれている。巡査は休日で飲酒しており、女性にけがはなかったという。

 捜査関係者の説明では、巡査は現場で「酒に酔って覚えていない」と説明。中京署は21日午前0時すぎに現行犯逮捕し、巡査を事情聴取した後、留置場には入れず、同日明け方に釈放した。身分が明確で逃亡などの恐れが低いと判断したといい、任意に切り替えて捜査してきた。

 府警監察官室は「警察官としてあるまじき行為で、重く受け止めている」としている。発表しなかった理由について、逮捕しても留置しないケースは従来、発表していないとし「隠したという意図はない」と説明している。