家宅捜索で、主査が勤務していた総務課の関係資料を調べる滋賀県警の捜査員ら(26日午前10時10分ごろ、滋賀県竜王町小口・町役場)

家宅捜索で、主査が勤務していた総務課の関係資料を調べる滋賀県警の捜査員ら(26日午前10時10分ごろ、滋賀県竜王町小口・町役場)

滋賀県竜王町役場

滋賀県竜王町役場

 滋賀県竜王町発注の庁舎清掃業務を巡り、町職員が業者に入札情報を漏らしたとされる事件で、滋賀県警捜査2課などは26日午前、官製談合防止法違反の疑いで逮捕した町総務課の主査(49)が勤務していた同町小口の町役場を家宅捜索した。

 午前10時ごろから、捜査員約30人が、役場2階にある総務課や入札を行った未来創造課などに入り、次々に入札関連資料などを手にした。

 逮捕から一夜明け、町職員の中には動揺も見られ、若手職員は不安そうに捜索を見つめた。町役場を訪れた70代男性は「似たようなことが起こらないよう、しっかりと原因を調べてほしい」と話した。