京都府警北署

京都府警北署

 京都府警北署の20代男性巡査が酒に酔って面識のない女性を殴ったとされる事件で、京都府警は26日、暴行の疑いで巡査を書類送検し、戒告の懲戒処分にした。巡査は「酒に酔っていて、はっきりと覚えていない。大変申し訳ないことをした」と話しているという。

 書類送検容疑は9月20日午後11時半ごろ、京都市中京区の木屋町地域を歩いていた際、2人組の女性と肩が触れてトラブルになり、うち30代女性の顔を1回殴った疑い。

 府警によると、巡査は休日で知人の結婚式の2次会に出席して飲酒していた。女性にけがはなく、示談が成立したという。

 府警は事件直後に巡査を現行犯逮捕したが、数時間後に釈放し、発表していなかった。府警監察官室は、身元が明確で逃亡の恐れが低いことなどから釈放したとし、逮捕しても留置しないケースは発表していないと説明。その上で、「警察官としてあるまじき行為。指導を徹底し、再発防止に努める」としている。

 府警では昨年、現職警察官6人が収賄や詐欺などの疑いで逮捕された。今年、逮捕者が出るのは初めて。