新型コロナウイルスの感染検査などが簡易にできる全自動PCR検査装置(京都市中京区・島津製作所)

新型コロナウイルスの感染検査などが簡易にできる全自動PCR検査装置(京都市中京区・島津製作所)

 計測機器大手の島津製作所(京都市中京区)は27日、新型コロナウイルスのPCR検査などを全自動で行う医療機関向けの遺伝子解析装置を発売した。指定病院などで使う本格的なPCR検査装置に比べて低価格に抑え、中規模の病院や診療所、検疫所でも導入しやすくした。

 同社の体外診断医薬品を試薬として使えば、新型コロナの検出ができる。測定に必要な前処理工程からDNAを大量複製するPCR、蛍光測定までが全自動化でき、検査作業のミスを減らせるという。1台で4検体の同時測定が可能で、パソコン1台で最大4台を制御できる。

 幅30センチ、高さ65センチ。価格は税抜き190万円。今後1年で国内3千台の販売を目指す。