当代の片岡仁左衛門

当代の片岡仁左衛門

 京都・南座の顔見世興行(12月5~19日)に出演予定だった歌舞伎俳優の片岡孝(たか)太郎さん(52)の新型コロナウイルス感染を受けて、孝太郎さんの父で、顔見世の第2部「熊谷陣屋」の熊谷役で主演する片岡仁左衛門さん(76)=人間国宝=が初日から2日間、休演することが決まった。松竹が27日発表した。

 仁左衛門さんは11月の東京・国立劇場の公演で、長男の孝太郎さんと共演しており、濃厚接触者と認定された。孝太郎さんの感染が判明した22日以降、PCR検査で陰性判定を受け、現在も健康だが、保健所の指導により、12月5~6日の出演を見合わせる。順調にいけば7日から復帰できる見通し。

 初日から2日間は、熊谷を中村錦之助さん(61)、錦之助さんが演じる予定だった義経役を中村隼人さん(26)が代役で務めて上演する。

 孝太郎さんは現在、医療機関で療養しており、顔見世は当面休演。復帰時期は改めて検討する。孝太郎さんが演じる予定だった熊谷の妻相模は、市川門之助さん(61)が代役で務める。

 第1部、第3部は予定通り上演する。

 また、東京・歌舞伎座の12月公演に出演予定だった坂東玉三郎さん(70)=人間国宝=も、11月半ばに孝太郎さんと会話し、濃厚接触者となるとし、12月1~7日の公演を休演する。代役は尾上菊之助さん(43)。