比良山地の麓に架かる虹(11月28日午後2時ごろ、大津市南比良)

比良山地の麓に架かる虹(11月28日午後2時ごろ、大津市南比良)

 朝からしぐれる空模様が続いた大津市南比良で28日、大きな半円を描く虹が長時間にわたって見られた。


 虹が見えたのはJR湖西線の比良駅近くの比良山麓の田園地帯。昼前から虹の一部が出現したりしていたが、午後1過ぎになると線路を跨ぐように完全なアーチを描いた。その後も2時間以上にわたって出続けていた。

 通りがかったドライバーらは車を止めて、青空に映える鮮やかな七色を写真に収めていた。彦根気象台によると、28日の大津市での最高気温は14・0度で平年並みだった。