新たな国民民主党京都府連の発足式で「ガンバロー」と拳を突き上げた国会議員や地方議員ら(京都市下京区のホテル)

新たな国民民主党京都府連の発足式で「ガンバロー」と拳を突き上げた国会議員や地方議員ら(京都市下京区のホテル)

 新たな国民民主党京都府連の発足式が28日、京都市下京区のホテルで開かれた。会長には前原誠司元外相(衆院京都2区)が就任し、地方議員は17人が所属する。式典には支持者ら約250人が集まり、党勢拡大を誓った。

 前原氏はあいさつで「京都の地で『非自民非共産』の旗を立て直す。教育への投資と地方への権限委譲、安全保障の三つの柱で、昔の仲間とも連携して改革中道の輪を広げていく」と決意を述べた。玉木雄一郎党代表も来場し「京都から新しい政治の流れを作ってほしい」と激励した。

 府連幹事長には酒井常雄府議が就いた。党のサポーター議員である無所属の井上一徳衆院議員(比例近畿)が特別幹事となり、連携の深まりが示された。

 式後の記者会見で前原氏は次期衆院選について「(自身の)京都2区と井上さんの京都5区で必勝したい」と強調。ただ5区では同じ旧民主党系の立憲民主党も山本和嘉子衆院議員(比例北陸信越)の擁立を決めており、前原氏は「立民府連と協議したい」と述べた。

 共産党が野党による候補者一本化を強く訴えている京都1区については「非自民非共産の候補者を立てるべきとの考えはある」と述べ、共産との共闘に否定的な姿勢を示した。