関西電力高浜原発(福井県高浜町)と大飯原発(同県おおい町)の事故を想定した府原子力総合防災訓練が29日、京都府舞鶴市や福知山市、京丹波町で行われた。
今年は、新型コロナウイルスの感染が拡大している現状を踏まえ、参加した自治体の職員や住民ら約300人が避難や情報伝達の手順を確認した。