「農福連携」の事業に取り組むホトラ舎の開所式(滋賀県高島市安曇川町中野)

「農福連携」の事業に取り組むホトラ舎の開所式(滋賀県高島市安曇川町中野)

 障害者が農業を通じて社会参加する「農福連携」に取り組む事業所「ホトラ舎」が、このほど滋賀県高島市安曇川町中野に開設された。

 地域での起業支援に取り組むベンチャー企業・エーゼロ=岡山県西粟倉村=の高島しこぶち事業所(清水安治所長)が運営する。知的障害者に多様な就労の場を確保するとともに、農業の担い手不足など、地域課題の改善も目指す。

 市内からの通所者7人でスタート。当面は事業所が立地する泰山寺地域の農作業補助から始め、野菜の生産、農産物加工などに事業を広げる方針。ホトラ舎は「人と自然のよさを引き出す場になりたい」としている。