イングリッシュガーデンにオブジェなどが飾り付けられたイルミネーション(2020年11月30日午後7時、大津市柳が崎・びわ湖大津館) 

イングリッシュガーデンにオブジェなどが飾り付けられたイルミネーション(2020年11月30日午後7時、大津市柳が崎・びわ湖大津館) 

 大津市柳が崎のびわ湖大津館のイングリッシュガーデンで30日、12月1日からの冬のイルミネーション「光あふれるおとぎの世界」の内覧会が行われた。童話をテーマに、光のトンネルやお菓子の家、宝石箱が夜の琵琶湖畔を楽しく彩っている。

 2014年から行う恒例行事で、17年から成安造形大の学生が企画から製作を行っている。今年は「不思議の国のアリス」や「ヘンゼルとグレーテル」、「人魚姫」などをイメージしたオブジェなどを手掛け、五つのエリアに配置した。招待された地元の人たちからは「きれい」と歓声を上げていた。

 午後5時~8時半。来年2月14日まで。1月は1~3日と土日祝日のみ行われる。入場料が必要。