京都市で多額の財源不足が見込まれている問題を巡り、門川大作市長はこのほど、来年度から3年間を行財政の「集中改革期間」に位置付ける方針を示し…