1950年ごろ、鞍馬の北にある花背峠で撮影された炭運びの様子(中村名誉教授提供)

1950年ごろ、鞍馬の北にある花背峠で撮影された炭運びの様子(中村名誉教授提供)

 アニメ「鬼滅の刃」が大人気です。人気に伴って主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が炭焼きの家に生まれ、炭を売っていたことから、炭焼きへの関心が高まっているようです。しかし実際のところ、炭はどのように焼いて運ばれていたのでしょうか?京都に残る記録をもとにたどってみます。


 京都で良質な炭として知られたのが「鞍馬炭」です。「鞍馬」は京都市北部にある地名で、牛若丸(源義経)の伝説や長い歴史を持つ鞍馬寺などでも知られます。江戸時代の京都のガイド本「都名所図会」は、鞍馬の名産品として炭を紹介しています。


 鞍馬炭は、その名の通り、鞍馬の地で作られていたのでしょうか?そうではないようです。「鞍馬でも少量生産されていましたが、ほとんどはそのさらに北の地域で焼かれていました」。そう話すのは大阪府立大名誉教授の中村治さん(65)です。中村名誉教授は地元出身のライター豊嶋亜紀さん(50)らの協力を経て、鞍馬炭について記した「若狭街道と鞍馬」を今春出版しました。


 中村名誉教授によると、「鞍馬炭」といいながら、実際にはさらに北方にある花背や百井、尾越といった地域で炭が焼かれていたといいます。ではなぜ、鞍馬の名前を冠したのでしょう?


 「鞍馬より北の炭の生産地に住む人々にとって、消費地である京都は日帰りできる距離ではありません。そこで鞍馬で炭を下ろし、後は鞍馬の人々に販売を任せたわけです」と中村名誉教授。京都の町中の人々は、炭が実際に作られている場所や人々のことをあまり知らないままに炭を消費していたようです。


 アニメ「鬼滅の刃」では炭治郎が炭を背負って運ぶシーンが出てきますが、実際にこうした運び方をしていたのでしょうか?


 中村名誉教授は「京都の場合、(鬼滅の刃の時代設定である)大正のころまで人力と馬に頼っていました」と説明します。人は炭2俵(約30キロ)を担ぎ、馬は6俵(約90キロ)を運んだそうです。


 運搬手段がトラックになったのは昭和初期ごろです。トラックは一度に大量の荷物を運ぶことができ重宝されましたが、日中戦争が本格化すると石油事情が悪化し、燃料不足から使えなくなりました。さらに馬すらも軍隊に徴用されたため、戦時中は人手で炭を運んでいたと言います。