サンガ-長崎 前半25分、先制ゴールを決め喜ぶサンガの曽根田(サンガスタジアム京セラ)

サンガ-長崎 前半25分、先制ゴールを決め喜ぶサンガの曽根田(サンガスタジアム京セラ)

 サッカーJ2の京都サンガFCは2日、サンガスタジアム京セラで3位長崎と対戦し、2―1で下して3試合ぶりの勝利を飾った。勝ち点は55。

 サンガは上位相手に終始押し込まれたが、自陣中央を固めてはね返し、少ないチャンスを確実に生かした。前半25分、曽根田がペナルティーエリア外からのミドルシュートを決めて先制すると、34分には、相手DFの横パスを中盤でカットした仙頭がそのまま運び、右隅に流し込んだ。後半24分にゴールを許したが、最後まで集中を切らさず耐え抜いた。(時間は非公式)