菅首相が6人を任命拒否したことについて考えを述べる武村氏(衆院第1議員会館)

菅首相が6人を任命拒否したことについて考えを述べる武村氏(衆院第1議員会館)

 -菅義偉首相が日本学術会議の会員に推薦された6人を任命拒否した。どう考える。

 「任命権は首相にあり問題はない。6人を任命拒否した理由について、菅首相は国会などで『人事のこと』として明らかにしていないが、人事の理由を開示することは一般的にもほとんどなく、妥当だ」

 -1983年の参院文教委の政府答弁では、学術会議が推薦した会員候補は拒否しないとしているが。

 「その答弁がおかしい。首相に任命権があるのに、推薦された人を全て任命するとの前提で考えることが問題だと思う。今回の任命拒否は、内閣が法制局にも確認を取った上で解釈変更して行ったと考えられる。菅内閣になって、会員の任命問題について正面から取り組んでいる」

 -6人が安全保障法制や特定秘密保護法などに反対したから任命拒否されたという見方があり、学問の自由を脅かすとの意見もある。

 「なぜ6人を任命拒否したことが学問の自由を脅かすのか。学問の世界に身を置いてる方々は自由に学問にいそしんでおられる。政権を批判したら学術会議の会員に任命されず学者を萎縮させるというが、政権を批判したり政策に反対したりしたのは6人だけではなく、そうした論理は成り立たない」

 -政府が学術会議のあり方を議論していることについて「論点ずらし」との批判がある。

 「今回は『6人を任命しなかったことに関して理由を言ってほしい』『いや、いえない』となっている。この論点をずらしてはいない。政府に任命拒否する権限があるかどうかということが論点なら『ある』としかいいようがない」

 「本来、学術会議は各分野で高い識見を持った方に会員になってもらい、政府へ提言してもらう組織だが、会員が自分の弟子を後継者に指名して推薦するといったこともある(注・新会員候補は、定員210人の現会員と約2000人の連携会員が各2人まで推薦し、選考委員会などを経てリストに載る105人を選ぶ。当初の候補者は千数百人規模で、後継指名は事実上できない仕組みになっている)」