木津川市役所

木津川市役所

 京都府木津川市は、市民が転入時や証明書の請求時に記入する氏名や住所の量を減らす仕組みの導入を計画している。書類を書く時間を減らして窓口の混雑を避け、新型コロナウイルス対策につなげるのが狙い。市議会に関連予算を提案し、2021年度後半の運用開始を目指す。

 市が計画する「書かない窓口支援システム」では、窓口で転入届などを一度出せば、そこに書かれた氏名や住所を別の手続きに必要な書類にも印刷できるようにすることを想定。住民票や印鑑登録などの証明書も、免許証などで本人確認を行うことで申請書を記入せずに発行することも検討するという。

 引っ越してきた場合、通常は転入届を記入した後に国民健康保険や年金、学校の転入、児童手当などの手続きをする必要がある。それぞれの手続き書類に何度も住所や氏名を書く必要があり、窓口が混雑する一因になっていた。

 市はシステムの導入で市民の利便性の向上につながると強調。「窓口の『3密』を避けられ、職員が記入内容を確認する作業も省力化できる」としている。