京都市役所

京都市役所

 京都府内の新型コロナウイルスの感染者数が大阪府に比べて少ないことを巡り、3日夜の京都市議会教育福祉委員会で、市議が「ちゃんと検査をしているのかといったうわさが流れている」と指摘し、市幹部が「感染者数を隠蔽(いんぺい)しても何の得にもならない」と風説をきっぱり否定する場面があった。

 寺田一博議員(自民党)は、大阪府が同日、非常事態を示す「赤信号」を点灯させたことに触れ、「大阪に比べると京都はかなり感染者が少ない。インターネット上だけでなく地域でも『本当に検査しているのか』『大阪に比べて少なすぎるのでは』と言われている。こうしたうわさは耳に入っているか」と尋ねた。

 これに対し、市医療衛生推進室の中谷繁雄室長は感染者数を伝えるネットニュースのコメント欄でそうした声を承知しているとし、「感染者数を隠蔽しても我々に何の得にもならず、そういうことはない」と強調。クラスター(感染者集団)が発生した施設などで幅広く検査を行っており、「我々は必要な検査をしっかりとやっている自信がある」と明言した。

 答弁に寺田議員は「(保健所が)懸命に濃厚接触者の調査をすることで何とか踏みとどまっている。(そうした事情を)しっかりと市民に伝えないと不安感が広がる」と、情報発信の強化で市民の安心と信頼を高めるよう求めた。