記者会見する八田社長(京都市内)

記者会見する八田社長(京都市内)

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件から3カ月がたった18日、京アニの八田英明社長が京都市内で記者会見を開いた。宇治市木幡の本社近くにある第1スタジオについて「見たくない建物が見える。心が痛い」と述べた。
 多くの支援が寄せられたことに八田社長は「皆さまへの感謝をお伝えしたい。京都で(京アニを)始め、数えて38年になります。その人たちと共に38年。積み上げてきたものは、みんなで作ったもので、一人で作ったものではありません。そういうことをこれからも大事にしていきたい。世界中の人たちに、子どもたちに、作品を発信していきたい」と述べた。