会見する京都アニメーションの八田社長(10月18日)

会見する京都アニメーションの八田社長(10月18日)

 京都アニメーション放火殺人事件では、多くのクリエーターが被害に遭った。18日の会見で京都アニメーション(京都府宇治市)は、被害に遭った社員33人のうち、27人が職場復帰していることを明らかにした。八田英明社長は「7月18日まで会社にAさんBさんCさんがいた。その人たちが突然いなくなってしまった。精神的に相当きついです」と語った。

 京都アニメーションは「多くのスタッフはいまだに強いストレスを感じている。スタッフ同士で声を掛け合い、支え合いながら業務に取り組み始めている状況です。医療機関と連携とりながら、メンタルケアに力を入れている」と述べた。退職者はごく少数にとどまっているという。

 来年公開予定だったが事件を受けて延期が決まった映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」や、来夏公開予定の「Free!」について、八田社長は「作品は作ります。来年公開のヴァイオレット本編、少しずれるが、必ず映画化する。アニメは映像にして発信。それがアニメーションです。これからもそれを全うしていきたい」と話した。さらに「制作状況は一人一人の話で、なかなか見えない。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の来年4月以降の公開をまずやる。それをしつつ、それ以降は(状況を)見ながらやっていく。今の時点では考える力がない。これから考えます」と述べた。

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオは7月18日に放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った。

 新作映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、戦争で深い傷を負った少女が手紙の代筆を通じて回復していく物語。京都アニメーションは事件前に来年1月10日に公開を予告していたが、事件後に公開を延期すると公式ホームページで発表していた。