死去した井戸川絹子さん

 死去した井戸川絹子さん

 1964年東京五輪のバレーボール女子で金メダルを獲得し「東洋の魔女」と呼ばれた日本代表でエースアタッカーだった井戸川絹子(いどがわ・きぬこ、旧姓谷田=たにだ)さんが4日午前11時14分、脳出血のため大阪府内の病院で死去した。81歳。親族が6日に明らかにした。大阪府出身。葬儀・告別式は家族葬で行われた。喪主は長男賀一(よしかず)氏。

 大阪・北豊島中で競技を始め、大阪・四天王寺高、日紡貝塚で中心選手としてプレー。厳しい指導で知られた故大松博文監督が率いた五輪代表チームでは猛練習に耐え、当時としては長身の168センチの体格を生かして攻撃の中核を担った。