滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は7日、県内3病院の看護師計6人を新型コロナウイルスの感染拡大で医療体制が逼迫している大阪府に派遣すると発表した。期間は当面、16日から1カ月間。重症患者の発生状況をみて延長・短縮する可能性があるとしている。

 全国知事会と関西広域連合からの派遣要請を受け、県病院協会を通じて県内58病院に呼び掛けたところ、コロナ患者を受け入れている3病院が各2人派遣できると回答した。

 6人は、大阪府が15日から運用を始める大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)で重症患者の看護に当たる。県感染症対策室は「滋賀県内でも感染拡大への対応で大変厳しい状況だが、自治体単位での対応が難しい大阪の状況に対して協力したい」としている。