屏風や掛け軸などが並ぶ表美展(京都市下京区・京都経済センター)

屏風や掛け軸などが並ぶ表美展(京都市下京区・京都経済センター)

 京表具の美と技を集めた「第64回表美展」が、京都市下京区の京都経済センターで19日に始まった。伝統の掛け軸や屏風(びょうぶ)から、和紙のランプまで多彩な京表具の魅力を発信する。
 京都表具協同組合の主催で今年は51点が出品された。室町時代ごろの古今和歌集を表装した掛け軸などの伝統的な作品をはじめ、人気ゲーム「ポケットモンスター」の道具を模した額やLEDライトを埋め込んだ屏風などの意欲作が並ぶ。精巧につなぎ合わせた裂をへりに使った額装など磨き上げた技術を披露。和紙のランプ「折灯華(せっとうか)」60個を使った光の洞窟もあり、華やかに折られた京からかみ(唐紙)から漏れる優しい光が楽しめる。20日まで。午前10時~午後5時(20日は午後4時)。入場無料。

 審査会で決まった入賞者は次の皆さん。
 経済産業省製造産業局長賞 河村律子▽近畿経産局長賞 中島文雄▽京都府知事賞 田中健太郎▽京都市長賞 中島稔幸▽京都府中小企業団体中央会長賞 井上利彦▽京都新聞賞 中島匠