感染症を媒介することがあるマダニ(前田秋彦・京都産業大教授提供)

感染症を媒介することがあるマダニ(前田秋彦・京都産業大教授提供)

山中でマダニが布地に付着していないかを確認する大学生ら(5月16日、京都市内)

山中でマダニが布地に付着していないかを確認する大学生ら(5月16日、京都市内)

 吸血するダニや蚊を通じて、野生動物などの病原体が人に感染することがある。夏に向けて人も虫も活動が盛んになり、注意が必要だ。獣医師でウイルス学が専門の前田秋彦・京都産業大教授に、感染症の特徴や対策について聞いた。

 ダニが媒介する感染症は、ダニの一種のツツガムシによる「つつが虫病」が知られているが、マダニが媒介する感染症もある。
 マダニの感染症である重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、2009年に中国で見つかった新しい疾患だが、日本でも死亡例が出ている。6日から2週間の潜伏期を経て発症し、発熱や嘔吐(おうと)などの症状が出る。意識障害や、下血などの出血症状を起こすこともある。
 日本紅斑熱もマダニが媒介する。感染から2~8日後に発熱と発疹、刺し口のはれが見られる。
 ともにここ数年、京都で感染が確認されている。日本紅斑熱は抗生物質が効くが、SFTSは解熱などの対症療法になる。
 家屋にいるイエダニとは異なり、マダニは山の草むらに生息する。ウイルスや細菌を持つ動物に吸血し、人に吸血した際にうつすことがある。体長はイエダニ(1ミリ以下)より大きい3~10ミリで、吸血すると膨らむ。
 吸血中に見つけたときには注意が必要だ。「素人が無理に取ろうとするとダニを押しつぶしてしまい、体液が人の体内に入って感染する恐れがある。皮膚科や外科で除去してもらう方がいい」という。

肌露出は避ける

 山へは皮膚を露出しない服装で入る。マダニはすぐにはかみつかず、人に付着してから2~3時間、脇の下や目の粘膜、ももの付け根といった吸血しやすい場所を探して動き回る。付着していても帰宅後に服を脱ぎ、シャワーを浴びれば落とせる。
 蚊も、種類によって生態や病原体が異なる。
 ヤブカはデング熱などを媒介する。デング熱は感染3~7日後に発熱し、頭痛や筋肉痛、関節痛を伴うことが多く、発疹が広がり、まれに出血を伴って重症化する。海外渡航での感染のほか、14年に約70年ぶりの国内感染が東京の都心部で発生した。ヤブカは都市型で日中に屋外で活動する。
 イエカは日本脳炎などの病原体を持っていることがあり、夕方から夜間に活動する。農村部に多く、田んぼなどで産卵している。日本脳炎は高熱や頭痛、嘔吐の症状が出て、意識障害やしびれといった神経系の障害も引き起こす。感染者数がピークの1960年代以降、ワクチン接種や生活様式の変化で減少したが、今も年間数人の感染報告があり、死に至ることや重篤な後遺症を残すことがある。
 対策として、肌の露出を避けたり、虫よけスプレーを使ったりすると有効だ。
 「ヤブカは小さい水たまりでも産卵する。雨水のたまる空き缶をポイ捨てせず、プランターの受け皿や古タイヤにたまった水などをこまめに捨ててほしい」

規則正しい生活を

 感染症は、発熱や発疹などの症状があり、受診の目安になる。「病原体を持つダニや蚊に運悪くかまれたとしても、健康な人は免疫が排除してくれることがある。規則正しい生活でストレスをためすぎず、健康を維持することが最も大切な対策だ」と話している。