菅義偉首相が内閣支持率の急落に直面し、苦しい政権運営を強いられている。新型コロナウイルス禍の中で経済再生推進にこだわり、来年夏の東京五輪・パラリンピック開催へ突き進む。一方、感染者急増に歯止めをかけられなければ、失策批判は免れない。有権者が好意を持って見守る政権発足100日間の「ハネムーン」は間もなく終わり。首相には早くも試練が待ち受ける。