京都府警北署

京都府警北署

 18日午前11時ごろ、京都市北区紫竹上梅ノ木町の民家の解体工事現場で、解体作業をしていた男性(32)=亀岡市=が倒壊したブロック塀の下敷きになり、腹などを強く打って死亡した。

 京都府警北署によると、ブロック塀は高さ約1・8メートル、幅約20メートルあり、男性はエンジンカッターで塀を切断する作業をしていたという。